Jリーグ 第26節◆2005.10.1◆勝ち点1をもぎとった奇跡の同点ゴール!
いやあ、なかなかドラマチックな試合でしたね。
NHKはおいしい試合を放送したなw

途中まではヴェルディの勝ちゲームだったので、
勝ち点3をとれなかったのは痛かった。
でも、逆転されたあの状況の中で、
最後の最後で追い付いて「負けなかった」ことは評価したい。

正直、この試合で負けたらJ2降格だな...
そう思ってたけれど、なんとか踏ん張った!
「まだ次がある」
そう思わせてくれる試合だった。

--------------------------------------

いつもとは異なるスタメン。
平本、戸田の姿がなく、
平野、小林(慶)、金髪になった(!)うえみーなどの姿が...。
そして、小林(大)がFW登録。
大悟は下がり気味ではいきないなどの意見がサポの間でもでているようだが。
より攻撃的なポジションでの起用となった様子。

--------------------------------------

ここ数試合、ビハインドな展開が多かったヴェルディ。
今回は先制点をとった!これは幸先がいい!
リードしたまま試合を折り返す。

後半ゴンに同点ゴールを決められるも、
直後に嫌なムードをふっとばすワシントンの勝ち越しゴール!
さらには、ジウの駄目押し追加点!

これはいける!
降格争いの停滞した雰囲気なんて今日でおさらばだぜ。

と思ったのだが。
その後、連続3点を奪われる、まさか、まさかの展開。
まあ、ジュビロの4点目の中距離弾は、ありゃしゃーないかなって感じなんだけど。
※中距離弾って意表つかれるし、こわいよねぇ。
 なんでヴェルディはあれくらいの位置からもゴール狙わないの?
その前の3点。ありゃなんだ?
ラストパス、簡単にあげさせてるし、ゴール前で全然マークついてないし。
なんか大量失点の頃のザル守備に戻ったかのようだったぞ(--;)。
3点とったのに勝てないって、いったいどういうことよ!?
こんなんじゃ何点とったって勝てないぞ。

とイライラを募らせる中、時間はどんどん過ぎていく。
森本、玉ちゃんを投入するも、大きな動きはなく。
逆にジュビロに攻められ、それをとめた平野がファウルでPK献上。
さらには、その判定に講義した山卓が、イエローをもらう。
しかも、その日2枚目のイエローで退場...というおまけつき(--;)。
すでにこの時ロスタイムだし、磐田のPKだし、山卓退場だし。
絶体絶命のピンチっすよ(;_;)。

負けられない試合なのに、相手にPK。しかも、1点ビハインド。
追い付くどころの話じゃねぇよ。
くそぉ、時間がないんだから、さっさとPKけりやがれ。
と、かなりイライラ。

かなり時間をくった後、ようやくゴンがPKをける。
しかし、ここから奇跡が起きた。
ゴンがけったPKがポストかバーにあたり、勢いよく跳ね返る。
それをジュビロの選手が拾いにいくが拾いきれず、
こぼれ球をヤシケン->ワシントン->玉ちゃんとつなぎ、
玉ちゃんが倒れてFKをゲット!

相手選手と接触したら、当たり負けしちゃう玉ちゃん(--;)。
転ぶ予感はなんとなくしていたが(爆)、ファウルもらえてほんとよかったw
※玉ちゃん、もう少し当たり負けしなくなるといいんだけどなあ。
 同じ体の細さでも、ジウはけっこう倒れないのになあ。
玉ちゃんが倒れた瞬間、直前にファウルをとられていたってこともあり、
審判にむかって指さして「こらぁ、(ファウル)とれよぉ!」と
柄悪く叫んでた私がいましたw

高木も上がってきて、全員攻撃。
実はこの瞬間、まだ奇跡が起きるとは思っていなかった(爆)。
まさかワシントンが直接狙うとは!しかも、それが決まるなんて!
最後のワンプレーでの劇的同点ゴール!

感動と興奮で、思わず立ち上がって「わしんとーん!」と叫んじゃったよ。
ああ、思い出してもゾクゾクする。

ちなみに、後ろの男性が、ワシントンのFKの前に、
「これ、入ったら、俺、ヴェルディのファンになるよ。」と言っていた。
ちゃんとファンになっていただきましょうw

--------------------------------------

今日個人的によかったなと思ったのは
「ワシントン以外の選手もシュートを打ったこと」
「中距離からでもシュートを打ったこと」

平野がやる気満々でw 中距離からもシュートしてた。

最近のヴェルディの選手は自らシュートを打たない!
「最後はワシントンにパス」という選択肢しか
持ってないんじゃないかと思えてしまうほど、
ゴールが見えてても打たないんだよね(--;)。
相手DFはすっごく楽だと思うよ。
いざって時はワシントンだけマークしときゃなんとかなっちゃうわけだからさ。
でも、中距離とかからもばんばん他の選手も打ってきたら、
意識やマークがばらけるよね。
DFはいろんな選手を見てないといけない。
それってけっこう脅威だと思う。

3年前のヴェルディってそんな感じ。
エムボマって驚異的なFWはいたけれど、
エムボマだけじゃなくて他のメンバーもばんばんシュートしてた。
中距離から山卓とか米山とか小林(慶)とかがね。
今はワシントンがいい人すぎるのかw
みんなワシントンにたよりすぎのような気がして。
※エムボマは気分屋だしさぼるから、そこまで信頼できない!?

そこらへんがずーっと気になってたんですが。
ちょっとずつ改善されつつはあるのかなあと。
ただまだまだ「ワシントンだのみのサッカー」なので。
他の選手にももっともっと枠にシュートを打ってほしいし、
また、こぼれ球のごっつぁんシュートを狙ってほしいです。
※ヴェルディの選手、こぼれ球への反応が今ひとつなので(--;)。

※あと、ざる守備の傾向がちらほら見えたので(--;)、
 再度気をつけないとやばくないかい?

--------------------------------------

ちなみに、この日はトーマスデー。
1969シートは完売...ということで、やはり混雑ぶりはすごかった。
2Fまでぎっちり人が入ってた。
結局、やっぱり私は出遅れて、サポーター優先を使うことなく、
フツーに入場するはめになったのだが、
会場直後についたということもあり、
今回はいつも通りバックスタンド前方を確保できました。ほっ。

しかしだ。やはりトーマスデーの弊害が...。
見る気のない子供がちらほら。
しかも、チアスティックでのちゃんばらが始まり、うざいことこのうえない(--;)。

もちろん、真剣に応援してる子供もたくさんいた。
だが、マナーのなってない客がやたらといることも否定できん。
運営側では「同じお客様なので...」という見解のようだが、
ニコンシートみたいに、トーマスシートとかつくってくれればいいのにね。

ヴェルディ・ラウンドテーブル議事録アップのお知らせ

--------------------------------------

ついでに、日テレ放送のヒーローインタビュー。
始めのアナウンサーの声、後どりね(--;)。
なぜなら、現場で2度とりなおしをしたにもかかわらず、
サッカー用語をまちがったままインタビューしちゃったから。
...がんばって勉強してくれ。ま、私も人のことは言えんがね(--;)。

--------------------------------------

降格争いは徐々に下2チームがはなされつつあるが(--;)。
残り8試合。まだ分からない。
あんな劇的な試合をしてみせたのだ。
これからだってできないわけがない。
今回のふんばり、勝ち点1がきいてくる日がきっとくる。そう信じている。

--------------------------

東京ヴェルディ1969 4-4 ジュビロ磐田
[PR]
by lannlann | 2005-10-03 02:56 | おっかけヴェルディ
<< 1969願掛け企画◆2005/... 今日は恐怖のトーマスデー >>



山卓ギャル(おば!?)が書くサッカー:ヴェルディねたblogです。
by lannlann
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31